島民魂

徳之島案、軍の距離規定理由に米が反対意向(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題で日本政府が検討している鹿児島県の徳之島へのヘリ部隊移設に対し、米政府が「米軍の規定」を理由に反対の意向を日本側に伝えていることが21日わかった。

 政府関係者によると、米側は「米軍の規定では、海兵隊の陸上部隊と航空部隊は65カイリ(約120キロ・メートル)以内の距離で駐屯することになっている」としている。

 陸上部隊は沖縄本島のキャンプ・シュワブなどに駐在しており、規定にのっとれば、本島と約200キロ・メートル離れている徳之島へのヘリ部隊の移設はできないことになる。米側が具体的規定を挙げて徳之島案への反対を示したのは初めてだ。

 これに関連し、政府関係者は21日夜、徳之島はヘリ部隊が常駐するのではなく、訓練の移転先として検討すべきだという考えを示した。

<日露首脳会談>鳩山首相 北方領土「帰属問題を首脳間で」(毎日新聞)
河村市長と議会、給与800万円で応酬(読売新聞)
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」−栃木(時事通信)
5月決着向け協力要請=鳩山首相、米大統領に−党首討論(時事通信)
「5月末決着」こだわる首相、真意いぶかる声も(読売新聞)
[PR]
by zrn7lmhhmc | 2010-04-23 04:36
<< <科学ジャーナリスト賞>青野由... <山崎直子宇宙飛行士>和服で手... >>



島民の生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧